育毛に欠かせないヘアサイクルとは?

人間の体を構成している細胞には必ず寿命があり、もちろん髪の毛にも寿命があります。 生まれた時から同じ髪の毛が生えているということはなく、1本1本が成長して発毛し、抜けているというサイクルを繰り返しています。

 

このサイクルのことをヘアサイクル、または毛周期と呼びます。

 

ヘアサイクルには、成長初期、成長期、退行期、休止期の4段階があり、男性ならば2年から5年、女性は4年から6年がサイクルとなっています。ヘアサイクルでも栄養など髪に良い成分をしっかり食事で摂ることでヘアサイクルも改善しやすいですし、通常化しやすいので、ヘアサイクルを良くする意味でも髪を太くする育毛剤でたっぷり成長期に伸びる髪を育てていきましょう。

 

特に円形脱毛症の場合には、地肌が透けやすいので、髪を太くすることと地肌が見えてしまう時は、外出の際にウィッグを活用するとよいでしょう。

 

ヘアサイクルの成長初期のメカニズムは?

成長初期の段階では、表皮からは分かりませんが、毛穴の内部では毛母細胞が分裂をはじめて、まず毛根が作られます。毛根と言うのは、その名の通り髪の毛の根っこの部分になるもので、髪の毛と頭皮をつなぐ大切な役割をしています。

 

つまり、髪の毛の土台作りをするのが成長初期なのです。

 

育毛成分が配合されている育毛剤では主に頭皮の状態を良くする事の方が目的でもあるので、よく男性用のランキングで選ぶ!通販で人気の育毛剤ベスト5でも紹介されている医薬部外品の育毛剤は、ヘアサイクルも改善しやすいのが大きな特徴でしょう。

ヘアサイクルの成長期〜休止期の解説

成長期になると、毛母細胞は毛乳頭から栄養を吸収して分裂が盛んになり、髪の毛が形成されて成長を始めます。

 

毛穴の奥にある毛母細胞が分裂を繰り返すことで、髪の毛が形成され伸びていき、それが毛穴から表皮に出ていきます。

 

そして、成長期が続く限り伸び続けるので、髪の毛はどんどん伸びていくのです。

 

成長期の髪の毛は、全体の約80%を占めています。

 

ヘアサイクルの退行期のメカニズム

この成長期が終わると退行期になり、毛母細胞は毛乳頭と分離するため、栄養の吸収もストップして分裂回数が減少していきます。

 

それと同時に毛根が縮小して、深い部分から頭皮の浅い部分へと移動を始めます。

 

ですので、退行期の髪の毛の中には、抜け始めるものも出てくるようになります。

 

この退行期が始まっている髪の毛は、全体の約1%となっています。

 

ヘアサイクルの休止期は?

そして、毛母細胞の働きが完全に止まると休止期になります。

 

休止期になる頃には、毛根も頭皮の表面に近い部分まで上がってきているので、自然と髪の毛が抜け落ちていきます。

 

ブラッシングの時に抜けたり、いつのまにか床や枕に落ちている髪の毛は、退行期や休止期の髪の毛になります。

 

髪の毛は、このようなヘアサイクルが繰り返されているので、1日に100本程度なら抜ける髪の毛があっても心配はいりません。

育毛剤でヘアサイクルを改善しよう

髪の毛が薄くなったり、脱毛症の症状が出たりしたら、まずは育毛をしようとするのが一般的です。

 

薄毛や脱毛というのは、原因はいろいろあるものの、根本的には成長期の髪の毛が正常に育たないことが原因になっています。

 

成長期の髪の毛は、普通の状態であれば太くしっかりと伸びていきます。

 

ですが、栄養が不十分だったり、頭皮の環境が悪化していて毛根が弱ってしまったりすると、成長することが出来ずに細くなったり抜け落ちたりしてしまいます。

 

成長期にいかに髪を成長させるかが重要

髪の毛が細ければ、全体的にボリュームがなくなり、頭皮も透けて見えるようになるため薄毛になります。

 

抜け落ちてしまったり、成長途中で休止期に入ってしまったら、頭皮に髪の毛がなくなってしまうため禿げてしまいます。

 

成長期の髪の毛は全体の約80%から90%を占めているので、薄毛が脱毛を改善するには、成長期の髪の毛の状態を正常にしてあげなくてはいけません。

 

だからこそ、成長期にある髪の毛が健康に育つようにサポートする育毛が必要になるのです。

 

育毛剤の結果が出る時期は?

育毛というと多くの方は、数ヶ月で結果が出ると思われているようです。

 

そのため、育毛剤などの口コミをみてみると、3ヶ月続けても効果がなかった、2本使い切っても効果が感じられない、というようなものを見かけます。

 

ですが、髪の毛の成長期は短くて2年、平均的に見ると5年も続いていくものですから、数ヶ月で効果があるないとは決められません。

 

育毛剤を使っている方の中には、数ヶ月で効果を実感出来るということもあるようです。

 

しかし、育毛と言うのは、基本的には成長期にある髪の毛を、2年から5年という時間をかけて育てていくものなのです。

 

途中で育毛剤を辞めてしまったらどうなるの?

例えば、育毛剤を数ヶ月使って効果があったとしても、そこで育毛剤を止めてしまったら、髪の毛の成長もそこで止まってしまいます。せっかく成長期にある髪の毛の状態をサポートして、正常な状態に戻そうとしているのに、途中で止めてしまったら意味がありません。ですので、育毛にはヘアサイクルの成長期が重要であって、成長期の間はしっかりサポートすることが薄毛や脱毛の改善につながるのです。

ヘアサイクル改善に良い育毛剤めにゅ〜